この嗚咽を引き裂いて、嗤え。
 § スポンサーサイト
--年--月--日 (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --:--:-- ]  スポンサー広告 | TB(-) |  CM(-) |

 § 愚か者の末路。
2012年09月20日 (木)

絶望なんて言葉で片付けた安易な人生が
何処かの誰かを傷付けるなんて想像出来やしなかった
彼女が流したであろう涙はくだらない僕の血で簡単に淀んでしまって
救えた筈の何かを台無しにした
それにちっとも見向きもしなかった僕は彼女すらも否定して
絶望だとのたまった僕は所詮其れすらも鍍金のパフォーマンス
大事なモノを何時だって平気で踏み潰す

どれだけ地獄を知らない幸福ものか。
(落ち窪んだ眼で君は僕に微笑んだ)

絶望なんて言葉で片付けた安易な人生が
今になって僕のとんでもない失態だと気付かされた時
彼女自身が流していたであろう涙と血で簡単に消えてしまっていた

スポンサーサイト

[ 19:21:00 ]  TextTB (0) |  CM (0) |

 ← この世界は暇潰し。 | HOME | その手は振り払われる。

COMMENT

COMMENT POST







 
 管理者にだけ表示を許可する

Trackback

  この記事のURL:
   http://butterfly999.blog.fc2.com/tb.php/6-02fe853b


HOME
Copyright © 2017 餞, All rights reserved.
  

Item+Template by odaikomachi
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。